数あるモバイルWiFiから「どんなときもWiFi」を選択!使ってみなきゃわからない

モバイルWiFiを選ぶ場合、「つながりやすいか」「速度が速いか」というのは正直、使ってみなければどうにもわからない。でも今使っているドコモ系の格安SIMが集中時にあまりに遅いため、ついに「どんなときもWiFi」に乗り換えることにした。

スポンサーリンク

 


「どんなときもWiFi」にした理由

「どんなときもWiFi」を選んだ理由は、つきつめると1つだけだと思う。それは、

いろいろな場所でトリプルキャリアを体験してみたい!

ということ。それに尽きる。

どんなときもWiFiのトリプルキャリアというのは、端末を使っている場所での電波の受信・通信状況を判断して、クラウドサーバー上のSIMカード(ソフトバンク・ドコモ・au)の中から最適なものを自動割当して使うこと。

理想的に機能してくれれば、ドコモの電波が弱い場所ではauかソフトバンクを選んでくれるはず。auの方が通信状態が良い私の家の周りとかならauでつながってくれるのではないかと期待しているわけだ。

他の候補との比較

他の候補には次のようなものがあった。

よくばりWiFi、NOZOMI WiFi、FUJI WiFi

どんなときもWiFiと比較して月額料金が安いものもあった。

よくばりWiFiは最初の2ヶ月が無料だし、NOZOMI WiFiは料金プランが5つもあって選べるし、FUJI WiFiはソフトバンク系の回線なので場所によっては速度もマシかなと思えるのだけれど、どれもトリプルキャリアの魅力には勝てなかった。

結局、「トリプルキャリアを使ってみたいモード」になってしまったのでどうしようもない。

良い口コミ

SNSで「どんなときもWiFi」の良い口コミを拾ってみると、結構な数がある。ただ、良い口コミというのは存外当てにならないし、それが自分の使用環境にも当てはまるかというと、そんな保障はどこにもない。

でも速度は「思ったよりも出る」みたいな感じの好意的な口コミが多い。

速度数値的に問題が無ければ何も文句は無い。

UQよりも調子がいいというのはすごい。単体SIMで使った場合、UQは一番速いといわれているから。この時の回線はドコモなのかソフトバンクなのか。

通勤時に問題なく使えるのはうれしい。動画を見ることも多いし。移動速度に強いのはやっぱりLTE回線だ。

地下にも強いと聞いている。つながる場所は多いに越したことは無い。

良くない口コミ

SNS上の悪い口コミもそれなりの数がある。

環境によっては結局混雑して遅延してしまうのかもしれない。

0.8Mbpsとかになると実際には使い物にならない。でも混雑時のドコモ回線はこんな感じ。まだいい方かも。

ダメなところはダメなのか。回線切替がうまくいかないことがあるのか。

広島も混んでいそうだから・・・。

UQより速いというツイートがあるかと思えば、遅いというツイートもある。こういうことがあるから判断しにくい。

だんだん遅くなる・・・というのは毎度のパターンだと言われているからなあ・・・。

というわけで申し込んでみた

実際、どんなメリット・デメリットがあるかわからないが、「どんなときもWiFi 」を使ってみたいという衝動は抑えられなかったので、申し込んでみた。

手元に届くまでに、最短であと3日かかるらしい。これは相当混んでるな・・・。

使ってみて詳しくレポートします。

スポンサーリンク