これはもうPhotoShop? Paint.netがすごい!

フリーのレタッチソフトとしては秀逸。だって、ほとんどPhotoshopだもの、これ。Officeに限りなく近いOpenOfficeなるものがあるけど、ワシントン州立大学がMicrosoftの指導を受けて開発したとされるこのソフト、ボタンアイコンが似てたり、レイアウトが似てたり・・・まあ、いいか。

ダウンロードは下記公式ページから。マルチ言語なので日本語OK。

http://www.getpaint.net/

インストール後はせっかくだから下記サイトでPSD用プラグインも入手。

http://psdplugin.codeplex.com/

ZIPファイルを解凍してできたDLLを、Paint.netのインストールフォルダ内のFileTypesフォルダにコピー。以上で、Photoshopのファイルも読み込めるようになる。驚いた!

われわれ初心者が普段使いでPhotoshopに求める機能はレイヤー、自動選択、各種効果・調整などだが、Paint.netはそれらをほぼ備えており、使い勝手もPhotoshopとほぼ同じ。さすがにPhotoshop売りの、自由選択してDELするとコンテンツに応じて上手に消し去ってくれる機能はないが、そこまで求めるのはぜいたくか。(そのうち機能追加してくれそうな気もするけど。)

また、大きな違いとしては、テキストの再編集ができないことが挙げられる。これはレーベル作成などに使うときなどは残念すぎる点だがしかたない。今後に期待か。

ToolPn

Paint.netのツール

ToolPS

Photoshopのツール

近年はノートPCの基本スペックも上がってきたが、そうはいっても本家Photoshopは重たいし(いや、だって、何より高いですから)、普段の持ち歩きノートにはPaint.netがうってつけかも知れない。

参考:Wiki(http://ja.wikipedia.org/wiki/Paint.NET

スポンサーリンク