すっきりくっきり!ピンボケ写真を鮮明に修正してくれるアプリ『SmartDeblur』『くっきりんこ4』『Easy Photo Unblur』の驚異的な補正力

この記事ではピンボケ写真を鮮明な写真に近づけてくれる修正ソフトと、ピントを何度でも修正できるiPhone用カメラアプリを紹介しています。

千載一遇のシャッターチャンスをモノに出来ず、なんとなく残念な写真になってしまったという経験は誰にでもあると思う。

野鳥観察にハマっていた頃、ピントが合ってなくて悔しい思いをしたことがいっぱいあった。被写体がすぐに飛んで行ってしまうので、なかなかプロのような会心の1枚が撮れない。そりゃそうだ、アマチュアなんだから。

でも、なかなかお目にかかれない鳥がピンボケだったりすると、諦めきれない。もう少し、なんとかならないかなあ。

そんな時に「アプリで修正すればなんとかなる」と聞いた。それで、いろいろ試してみたわけ。

ピンボケ気味の写真やちょっとブレ気味の写真を補正してくれそうなアプリは『NeuronDoubler』『SmillaEnlarger』『PixelMaster』などいろいろあるけれど、そんな中で使い勝手的に良さそうな、というかズボラ的観点からワンクリックで絶大な効果が得られるおススメアプリを3つ選んだ。ここでちょっとだけ紹介しようと思う。

スポンサーリンク

 


『SmartDeblur』(試用版)

SmartDeblur』はシェアウエアなので、試用中は加工した画像に透かしロゴが入る。でも、写真補正アプリの効果を知るには最も適したアプリと言える。

「ブレ」と「ピンボケ」をそれぞれ微調整しながら補正することができるのだけれど、手っ取り早く補正したければ、

①「ブレの自動検出」モードを選択し、「ブレの大きさ」を中間ぐらいに設定。
②「積極的に検出」にチェックを入れ、「ブレの解析」ボタンをクリックする。

それだけでいい。

sssmart1

ちなみに検出範囲を指定しないで解析すると時間がかかってしまうので、クッキリさせたい部分を範囲指定してから行った方がよさそう。修正が完了したら、保存しておしまい。

sskukki2 

たったこれだけの操作で、ボケ気味だった写真が見違えるほど引き締まる。

ssbeforeafter

ssbeforeafter2

ヤマセミもカワセミもなんとかなった。とってもうれしい。

SmartDeblurのダウンロードは公式サイトから。

→『SmartDeblur』公式サイト

『くっきりんこ4』(フリー版)

くっきりんこ4』のフリー版は、有料版のピント補正機能だけを抽出したアプリなのだが、写真を鮮明化するには十分な効果が期待できる。

機能が限定的なので、逆にシンプルで使い勝手が良かったりする。ほとんど選択の必要なし、といった感じの判りやすさ。まさにワンクリックで済むのはズボラ向け。

sskukki1

拡大表示を見ながら「強度」と「効果」のゲージで調整するだけなので、ある程度の見切りというか感覚的に判断するようなところがある。

が、何となくやっても十分な効果があるので驚きだ。

sskukki2

拡大された画像が多少荒く見えるぐらいの方が、元のサイズに戻した時のクッキリ感が高い。

ssbeforeafter3

ssbeforeafter4

ダウンロードはベクターから。

→『くっきりんこ4』(フリー版)

有料版の『くっきりんこ4』はさらに高機能で、色や光の修正や美肌などの補正ができる。詳細は公式サイトから。

→『くっきりんこ4』(有料版)

ちなみに野鳥の写真はフィールドスコープとスマホを組み合わせて撮るのが楽しい。

『Easy Photo Unblur』(試用版)

Easy Photo Unblur」も有料ソフトの試用版がある。30日間試せるけれど、購入しないと修正画像の保存ができない。

アプリの使い勝手はとても良い。っていうか、「実行」と書いてあるボタンを一つクリックするだけ。

水槽の中にいたカクレクマノミも、ピンボケ写真からまあまあ見られる写真へと昇格した。

もちろん、細かな調整も可能。いろいろ試すといいかも。

ボケボケの写真が使える写真に早変わり。これはお金を払ってもいいアプリだ。

→「Easy Photo Unblur」ダウンロードページ

スポンサーリンク

 


iPhoneでは撮ってからピント合わせも可能

スマホで写真を撮ることも多いと思うけれど、iPhone向けのピンボケ修正アプリにはあまり良いものが無い。なので、撮影してからピント合わせのできるカメラアプリ『focos』がおすすめ。

『focos』で撮影した画像は、後からフォーカスしたい部分をタップすることでピントの修正やぼかしの強調ができる。

たとえば下のような写真。撮影した後で手前をタップすれば花に、奥をタップすれば建物にピントが合う。あとから何度でも修正が可能。

下も同じ。複数の深度データを保存しているので、段階的にピントを合わせることができる。

なお当然ではあるが、このアプリで撮った写真でなければ修正できない。持ち込み写真では深度データが無いので無理。

iPhoneで撮るときは、全部この『focos』で撮りたくなってしまう。そのうち標準カメラにこの機能が付きそうな気もする。

なお、最新のiPhoneなら標準機能で同じことができるっぽいのだけれど・・・。

まとめ

くっきりした写真は、くっきりする前とは全然別物だ。くっきり撮れていなくて残念な写真は、ピンボケ修正アプリでどんどん直してしまおう。

一度鮮明に補正された方を見てしまうともうダメだ。ボケた世界には戻れなくなる。

今までの失敗写真を全部修正してしまいたくなる補正アプリの威力はとにかく絶大だったりする。ちょっと試しに使ってみては?

『SmartDeblur』『くっきりんこ4』『Easy Photo Unblur』なら、使えないピンボケ写真も使えるくっきり写真に早変わり。とっても便利で、しかもうれしい。

なお、スマホで修正したい場合はこちらの記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク