※この記事にはプロモーションが含まれています。

すっきりくっきり!ピンボケ写真を鮮明に修正してくれるスマホ用アプリ「Lightroom」「FIX BLUR」「TADAA」「AIフォトエンハンサー」「BlueBuster」がいい感じ

この記事ではピンボケ写真を鮮明な写真に近づけてくれるスマホ用の修正ソフトを紹介しています。

カメラの性能がいくら向上しても、オートフォーカスで撮っている限りピンボケになる時はなるものだ。

シャッターチャンスをモノに出来ず、なんとなくボケた写真になってしまうと、ものすごく悔しい。

時間は巻き戻せないので、ピンぼけした写真をなんとかするしかない。ここはアプリの力を借りて、すこしでもマシな状態まで持っていこう。

今回はスマホ向けの「ピンボケ写真をなんとかしてくれるアプリ」を紹介します。

スポンサーリンク

ピンボケ写真を補正する「Adobe Lightroom」

Adobeがリリースするスマホ向けアプリ「Adobe Lightroom」は写真編集アプリとして優秀なのは言うまでもない。

単にピンボケ写真を補正するためだけに利用するのは申し訳ないくらいだ。

メニューのディテールをタップしてシャープ度を高くするだけでも見栄えが全然変わる。上のヤマセミも目の輝きが変わった。

なんとなくぼんやりした感じのキャンディーもくっきりした感じになる。極端にシャープにすると拡大した場合にボロが出るけれど、適度にやれば効果的。

Adobe Photoshop Lightroomは基本的には無料だが、有料でプレミアム機能を開放すると次のようなことができるようになるらしい。

・写りこんでいる余計なものを消す
・選択部分だけを明るくしたり色を編集したりする
・クラウドで写真を管理する
・歪みを直す
・RAWファイルの編集
・複数のファイルの一括編集 など

無料でも十分役に立つアプリなので、一度試してみることをおすすめしたい。

Lightroom:写真&動画エディター・写真映像編集

Lightroom:写真&動画エディター・写真映像編集
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ

ピンボケ写真を補正する「FIX BLUR」

Android向けのアプリで「FIX BLUR」というものがある。Playストアでは「削除 写真 ブラー」という名でアップされている。

ぼやけ修正、ノイズ修正、ディテール、フォーカスが変更できる。

とりあえずフォーカスを変更するだけでも写真がはっきりしてくる。ノイズが気になる場合はノイズ修正を。

フォーカス修正に特化したアプリなのでそれ以外のことはできないけれど、Androidスマホを使っているならインストールしておいて損はない。

削除 写真 ブラー

削除 写真 ブラー
開発元:RAWZOR.COM
無料
posted withアプリーチ

ピクセルを増やす!AI フォトエンハンサー

AIがピクセルを増やしてくれるというアプリが「AI フォトエンハンサー」。明瞭化することで締まった感じの写真になる。

編集処理と保存の時に広告を閲覧することで無料でも利用できるけれど、月額/年額払いのサブスク契約すればさらにハイクラスな編集効果が得られる。

AIフォトエンハンサー - AI Enhancer

AIフォトエンハンサー – AI Enhancer
開発元:AI Photo Team
無料
posted withアプリーチ

高機能な鮮明化ツール「TADAA」

iPhone向けのアプリで「TADAA」というものがある。PRO版でなくてもよければ無料で使える。

いわゆる鮮明化アプリなのだけれど、「何となく・・・」な写真は鮮明化するだけでも見栄えが良くなるので、くっきりさせたい時はこのアプリも試してみる価値が十分にあると思う。

TADAA - HD Pro Camera  & Blur

TADAA – HD Pro Camera & Blur
開発元:menschmaschine Publishing GmbH
無料
posted withアプリーチ

BlurBuster

ピンぼけ写真の鮮明化がとても簡単にできる「BlurBuster」。広告や制限のないPro版もあるけれど、下の写真はフリー版で編集したもの。眼の光が明らかに違う。

誰でもすぐに使えるアプリなのでかなりおすすめ。

ぼやけた画像修正 - BlurBuster AI

ぼやけた画像修正 – BlurBuster AI
開発元:KallosSoft.com
無料
posted withアプリーチ

Galaxy標準のギャラリー画像編集アプリ

SamsongのGalaxyシリーズに標準でついている画像編集の最新アプリには、鮮明化する機能が備わっている。

Galaxyのギャラリーから鉛筆マークのアイコンをタップするだけで編集画面が立ち上がる。そこで鮮明化ボタンをタップするだけで作業が完了する。

下の写真はGalaxy S22 Ultraのデジタル100倍ズームで月を撮影したもの。スマホの小さなセンサーではピントはこれくらいが限界だ。

この写真を編集アプリで鮮明化したものが下の写真。これならクレーターの様子がクッキリわかる。

まとめ

センサーの性能が上がっているのか、昔ほどピンボケ写真になる頻度は高くない。でも暗いところや遠い被写体などの場合、フォーカスが甘い状態で写してしまうこともなくはない。

撮影してからピントを調整できるカメラアプリもあるけれど、毎回それで撮るのも大変だ。だからピンボケ補正は時々役に立つ。

「Lightroom」「FIX BLUR」「TADAA」「AIフォトエンハンサー」「BlueBuster」のような写真修正アプリは、ピンボケ写真でも見栄えのする写真にしてくれるので便利。いざという時のための保険に仕込んでおこう。

なお、PCで修正したい場合はこちらの記事も参考にしてほしい。

この記事の執筆者:おき兄(おきにい)
PCで遊び続けて数十年。ガジェット好き。マザーボードに美しさを感じる系の人。子供の頃からいろいろなものを組み立てたり壊したりしてました。最近はVR/MR的な世界に傾倒しつつあります。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク